2000’s カルティエ CPCP トーチュXL パワーリザーブ 8days 18KWG Cal.9910MC

NEW ARRIVAL

 

2000年代のカルティエ CPCP(コレクション・プリヴェ・カルティエ・パリ) トーチュXL パワーリザーブ 8daysが入荷致しました。

 

 

久し振りのカルティエのCPCPのご紹介。トーチュXLの8daysです。

広大な文字盤に施されたギョーシェに、パワーリザーブインジケーターとビッグデイト、スモセコのアシンメトリックな配置からフランスらしいデザインセンスが十二分に伝わってきます。

ヴィンテージの時代に良く見られた意匠であるブルースチールのブレゲ針も美しいですね。

バックルはホワイトゴールド製のDバックルが付属します。

 

 

シースルーバック仕様の裏蓋からはロングパワーリザーブの自社製ムーブメントCal.9910MCをご覧頂けます。びっしりと刻まれたカルティエマークは圧巻。

 

 

CPCP純正のBOXとメンテナンスキットが付属します。

 

 

ヴィンテージの薄型で小振りなトーチュと比べて、このCPCPのトーチュのシリーズは曲線的なケースラインと18KWGを贅沢に使用したボリューミーな造形がポイント。

エッジを立てたケースデザインの時計と異なり、光を受けた時の表情が滑らかである種官能的な表情を見せてくれる、なんともカルティエらしい艶気を感じます。

 

 

さてカルティエでも圧倒的大きさのXLサイズ、いつもの調子で腕乗りだなんだと書くのはナンセンスだよなぁと恐る恐る腕に乗せてみたのですが、

「えっ?」とちょっと拍子抜けするくらい、覚悟していた程にはオーバーサイズには感じませんでした。

 

 

恐らくポイントはケースの厚み。この8Daysはケースの幅に対して思ってた以上に厚みが抑えられており、

そのためケースの重心が腕に近くなることがビッグサイズの時計でありながらも心地良いフィット感を生み出しているのではないかと思います。

また、手首に合わせた絶妙なケースバックのカーブ具合など、考えに考え抜かれたケースの造形の完成度の高さも着け心地の良さに影響していることでしょう。

 

流石にヴィンテージのドレスウォッチと同じ感覚でとまでは言いませんが、

ジャケットスタイルにさらりと着けてみたり、カジュアルな服装に合わせたりと、思っていた以上に幅広くお使い頂けそうな予感がします。

 

 

以上、カルティエ CPCP トーチュ8daysでした。

 

久しくこのサイズの時計を手に取ることは無かったのですが、ケースの質感の良さにハイセンスなデザイン、そして老舗ジュエラーならではの艶気、

ヴィンテージのカルティエも好きですが、この時代のカルティエもやっぱり良いなぁとつくづく実感させてくれる一本です。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

お問い合わせはこちらまで。

※商品番号D7257 ¥ASK

By T.N


RECOMMEND

1930’s グリュエン カーベックス YGGF Cal.311

NEW ARRIVAL
2021/09/18

1970’s IWC Cライン ブルーグリーンダイヤル SS Cal.89

NEW ARRIVAL
2021/09/17

1960’s オメガ コンステレーション ティファニーWネーム SS Cal.751

NEW ARRIVAL
2021/09/16

1930’s オメガ 2トーン スナップ防水 SS Cal-23.4SC

NEW ARRIVAL
2021/09/14

1930’s ロンジン トレタケ・セクターダイヤル SS Cal-10.68Z

NEW ARRIVAL
2021/09/13

1960’s パテック・フィリップ Ref.570 18KWG Cal.27SC

NEW ARRIVAL
2021/09/11

1940’s ヴァシュロン・コンスタンタン 18KYG Cal.V458

NEW ARRIVAL
2021/09/10

1940’s PARSENN クロノグラフ ニッケル Cal.Valjoux22

NEW ARRIVAL
2021/09/09

1960’s パテック・フィリップ Ref.570 18KYG Cal.27SC

NEW ARRIVAL
2021/09/04
Translate