1990’s カルティエ タンク・バスキュラント SS Cal.FredericPiguet

NEW ARRIVAL

 

1990年代のカルティエ タンク・バスキュラントが入荷致しました。

 

 

本日はカルティエ タンク・バスキュラントのご紹介。

実は18Kイエローゴールドのバスキュラントは今年何本か入荷していたのですが、ステンレススチールのモデルは今回が初。

スチールのバスキュラント自体は市場でも結構な数を見かけますが、このフレデリックピゲ製の手巻きムーブが入ったモデルは流通量の少ないレアなモデル。

アイコニックなデザインの文字盤には細かいギョーシェ彫りが施され、ステンレススチールのモデルながらも高級感のある造りに仕上がっています。

 

 

タンク・バスキュラントのキモとも言えるケースの反転機構。

反転機構と言えばジャガー・ルクルトのレベルソが圧倒的に有名ですが、レベルソが横方向への反転に対して、バスキュラントは縦方向の反転。

写真の通りかなりギミック感の強い動きで、手に取って操作する楽しさがあります。

 

 

完全に反転させるとまるで一枚の板の様なソリッドフォルムに。

 

 

ケースサイズは縦約30mm(ラグ除く)×横約25mm。

タンクノーマルやタンクルイカルティエ等と比べるとかなり大振りなフォルムですが、

文字盤は構造的に内側のケースに合わせたサイズになるため凝縮感とバランスは文句無し。

バックルもカルティエ純正のSS製Dバックルが付属しますので、装着感も良い感じです。

 

 

カルティエのようなジュエラーの時計は貴金属ケースのものをつい選びたくなりますが、冬の空気を取り込んだ様なクールな佇まいには否が応でも惹かれます。

12時側のカボションと青焼きの針の色味も爽やかで良いですね。

 

ビジネスでも嫌みなくお使い頂ける上、反転機構を持ったバスキュラントは時計好きな方からは勿論、

日頃時計に触れることの少ない方からも注目される、話題に事欠かない一本ではないでしょうか。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

お問い合わせ・ご購入希望はこちらまで。

※商品番号D7396 ¥1,100,000(税込)

By T.N


RECOMMEND

1960’s パテック・フィリップ Ref.3445 18KWG Cal.27-460M

NEW ARRIVAL
2022/01/15

1980’s カルティエ サントス・ドゥ・カルティエ LM SS/YG Cal.2671 純正BOX付き

NEW ARRIVAL
2022/01/11

1940’s ロレックス Ref.4220 スピードキング SS Cal.10 1/2

NEW ARRIVAL
2022/01/09

1950’s ヴァシュロン・コンスタンタン Ref.6135 18KYG Cal.1002

NEW ARRIVAL
2022/01/08

1950’s パテック・フィリップ Ref.448 18KYG Cal.10-200

NEW ARRIVAL
2022/01/06

2021年も有難う御座いました

NEW ARRIVAL
2021/12/29

1940’s ロレックス Ref.2764 バブルバック SS Cal.NA

NEW ARRIVAL
2021/12/27

1980’s パテック・フィリップ Ref.3844 18KWG ブルーダイヤル Cal.215

NEW ARRIVAL
2021/12/25

1960’s オーデマ・ピゲ 18KWG Cal.2071

NEW ARRIVAL
2021/12/24
Translate