1980’s カルティエ サントス・ドゥ・カルティエ LM SS/YG Cal.2671 純正BOX付き

NEW ARRIVAL

 

1980年代のカルティエ サントス・ドゥ・カルティエ LMサイズが入荷致しました。

 

 

80年代のカルティエを代表するモデルの一つであるサントス・ドゥ・カルティエのご紹介。

文字盤のデザインは一目でカルティエと解るブルースチールの針にローマンインデックス、レイルウェイトラックの組み合わせ。

ケース・ブレスレットはステンレススチールにイエローゴールドのベゼルとビスを組み合わせた、こちらも一目でサントスと解るアイコニックなデザイン。

現在も尚マイナーチェンジを繰り返しながら造り続けられているカルティエの大ベストセラーモデルです。

 

 

因みにこのモデル、「サントス・ガルベ」と呼ばれることがありますが、

サントス・ガルベは1980年代後半から90年代初頭頃にリニューアルしたモデルのことを指し、このモデルは厳密にはサントス・ガルベではありません。

ガルベはフランス語で”湾曲”の意味で、サントス・ガルベは軽くケースが腕に沿う様なラインで湾曲しています。

それに対してこちらのサントス・ドゥ・カルティエのケースは完全にフラットで、アンティーク・ヴィンテージのサントスにより近いフォルム。

「サントス・ガルベ」と一緒くたにされたがちですが、実は異なるモデルです。

 

 

以前ご紹介したサントス・オクタゴンとの2ショット。

タンク等のドレッシーな金無垢素材の手巻きモデルも良いですが、このスポーティーさと優雅さを兼ね備えたサントスも独自の世界観が構築されていて非常に魅力的。

 

 

多少の傷はありますが全体的なコンディションは中々良く、特にオリジナルのラッカーの文字盤はひび割れも無く非常に良いコンディション。

 

 

腕乗りも良いですね。現在のサントスよりは小振りですが、絶妙な厚みに存在感のあるデザイン。

これ一本あれば大体どんなシーンでも対応できそうな感じです。

 

 

カルティエ純正のBOXも付属します。

以上、サントス・ドゥ・カルティエのご紹介でした。

 

サントス・ドゥ・カルティエはお客様から非常に多くのご要望を頂いていたので私も是非仕入れたいと思っていたモデルの一つです。

中々コンディションの良いものが減っているのでようやく念願叶って、と言った感じです。

本当は今日は別の時計を撮影しようと思っていましたが、待ちきれず順番飛ばしてフライング気味にご紹介してしまいました(笑)

お探しだった方は是非お問合せ下さいませ。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

お問い合わせ・ご購入希望はこちらまで。

※¥440,000-(税込)

By T.N


RECOMMEND

1960’s パテック・フィリップ Ref.3445 18KWG Cal.27-460M

NEW ARRIVAL
2022/01/15

1940’s ロレックス Ref.4220 スピードキング SS Cal.10 1/2

NEW ARRIVAL
2022/01/09

1950’s ヴァシュロン・コンスタンタン Ref.6135 18KYG Cal.1002

NEW ARRIVAL
2022/01/08

1950’s パテック・フィリップ Ref.448 18KYG Cal.10-200

NEW ARRIVAL
2022/01/06

2021年も有難う御座いました

NEW ARRIVAL
2021/12/29

1940’s ロレックス Ref.2764 バブルバック SS Cal.NA

NEW ARRIVAL
2021/12/27

1980’s パテック・フィリップ Ref.3844 18KWG ブルーダイヤル Cal.215

NEW ARRIVAL
2021/12/25

1960’s オーデマ・ピゲ 18KWG Cal.2071

NEW ARRIVAL
2021/12/24

1900’s パテック・フィリップ 懐中時計 ルイ針・ブレゲ数字 18KYG

NEW ARRIVAL
2021/12/24
Translate