1990’s カルティエ ディアボロ PT Cal.Piaget9P2

NEW ARRIVAL

 

1990年代のカルティエ プラチナコレクション ディアボロが入荷致しました。

 

 

希少なカルティエのプラチナ製のディアボロが入荷致しました。

カルティエと言えばタンクやサントス等の様な角型が圧倒的に有名ですが、

ディアボロは1910年に誕生したと言われており、タンクよりも古い歴史を持つ伝統的なモデルです。

ローマンインデックスとレイルウェイトラックは一目でカルティエと解るアイコニックなデザイン。

ブルースチールのブレゲ針にフランケと呼ばれるギョーシェ文字盤がクラシカルな雰囲気を醸し出しています。

 

 

ちなみに”ディアボロ”は悪魔と言う意味ではなく、糸で繋げた2本の棒で操るジャグリング用の中国コマを意味し、語源は”交差”と”投げる”を組み合わせた言葉の様です。

その中国ゴマから着想を得て、ラグとリューズのデザインに取り入れたことから、ディアボロというモデル名を名付けられたと言われています。

 

 

カルティエ純正の18KWG製のDバックルが付属します。

 

 

個人的にかなりテンションが上がったのが搭載されているピアジェ製の高級薄型ムーブ9P2。仕上げ、デザイン共に実にそそります。

 

 

ケースサイズは約32.5mm。小振りながらも太いベゼルに厚みのあるケース、特徴的なラグはサイズ以上のボリューム感。

写真ではお伝え出来ないのですが、プラチナ製ケースがもたらす重量感は小ぶりな姿からは想像出来ないズッシリとした重みを感じます。

 

 

プラチナ、ホワイトゴールドのカルティエは生産数が少なく、私も改めてしっかりと手に取ったのは初めてですが、

光の加減によって温かみのある色味に見えるホワイトゴールドと異なり、プラチナの時計はどこまでも白く、静謐な印象を受けます。

イエローゴールド系は苦手という方、職場的に金色は難しいという方も、さり気無く腕元にカルティエならではの華やかさを演出できる一本です。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

お問い合わせはこちらまで。

※商品番号D7007 ¥1,540,000-(税込)

By T.N


RECOMMEND

1950’s ロレックス Ref.5508 サブマリーナ SS Cal.1530

NEW ARRIVAL
2021/04/13

1930’s グリシン SS Cal.EugeneMeylan

NEW ARRIVAL
2021/04/10

1970’s IWC Ref.852A SS クッションケース・ブルーダイヤル Cal.8541B

NEW ARRIVAL
2021/04/09

1930’s オメガ レクタンギュラー SS Cal.T17

NEW ARRIVAL
2021/04/08

2000’s カルティエ CPCP タンク・ア ビス PT Cal.Piaget437MC BOX・ギャランティー付き

NEW ARRIVAL
2021/04/06

2000’s カルティエ CPCP タンク・ア ビス 2タイムゾーン 18KWG Cal.9901MC

NEW ARRIVAL
2021/04/03

1970’s Ref.5018 ロンジン セルジュ・マンゾン SV Cal.5601

NEW ARRIVAL
2021/04/02

1930’s オメガ マリーン SS Cal-19.4T2

NEW ARRIVAL
2021/04/01

1950’s オリンピック SS Cal.Buren525

NEW ARRIVAL
2021/03/28