ichigo_ichie

シェルマン銀座店 スタッフブログ

1950’s パテック・フィリップ Ref.2509 18KPG ラジウム Cal.12-400

 

1950年代のパテック・フィリップ Ref.2509 18KPGが入荷致しました。

 

 

本日はかなりスペシャルな一本、パテック・フィリップ Rer.2509 18KPGの夜光入りモデルのご紹介。

Ref.2509自体が生産数のあまり多くないリファレンスではありますが、今回の個体はかなり希少な18KPG製。

文字盤・ケースなど全体的なコンディションも極めて良好で、その上レアな夜光入り文字盤という文句無しの一本です。

 

 

ご覧の通り、ブラックライトを当てると針とインデックスにラジウム夜光が入っていることが解ります。

 

 

しっかり太く残ったラグやケースラインの美しさ、各部のエッジのシャープさなど、これだけでもコンディションの良さがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

 

ダストカバー入りのスクリューバックケースの中にはパテック・フィリップ製の手巻きムーブCal.12-400を搭載しています。

 

 

文字盤のロゴのエナメルの盛り上がりも文句無し。

 

 

さて腕乗りです。

以前2509の18Kイエローゴールドを投稿した際にかなり書き連ねさせて頂きましたが、このFB社製の2ピースのスクリューバックケースは素晴らしい完成度です。

薄く見える様に工夫されたケースサイドのラインと僅かに傾斜したベゼルが約34mmのビッグケースでありながら迫力と繊細さを両立させた絶妙なバランスでデザインされています。

腕周りががっしりした方だけでなく私の様な比較的腕周りの細い方にもばっちりとハマる、着ける人を選ばない最高のカラトラバの一本だと私は考えます。

 

 

個人的な好みを言えば、ドレスウォッチには夜光塗料は入っていない方が好みではありますが、今回の18KPGのRef.2509に関しては話は別です。

先程の写真とこちらの写真を見比べて頂くと分かり易いかと思いますが、パッと見た感じ夜光が入っているのが分からないくらいさり気無いんですね。

光の加減や角度にも依るのですが個人的にはかなりアリ。

これは夜光の入れ方が細くさり気無い事も理由として考えられますが、ピンクの針やインデックスに対して焼けた夜光の色味が溶け込んでいる影響が強いと思います。

恐らくイエローゴールドの2509だった場合ははっきりと夜光が目立ち、同じデザインだったとしても全く異なる雰囲気に感じる事でしょう。

また2509のケースデザインはドレスウォッチとしての完成度の高さはこれまで語らせて頂いた通りではありますが、一方でスクリューバックケース故にカジュアル感のある夜光入りのデザインであっても違和感無くマッチしているのではないかと思います。

 

 

アーカイブは発行済みで1955年製の個体です。アーカイブにもラジウムの表記がしっかりと記載されています。

 

私の独断と偏見ですが、今年入荷するパテックの中でもNo.1になりうる、非常にお勧めの一本です。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

お問い合わせ・ご購入希望はこちら(オンラインショップ)まで。

※商品番号D7526 ¥5,940,000-(税込)

By T.N

商品のお問い合わせ・ご購入希望

お気軽にお問い合わせください。

RELATED POST 関連記事

NEW ARRIVAL WATCH

1930's パテック・フィリップ Ref.96 ...

NEW ARRIVAL WATCH

1990's パテック・フィリップ Ref.380...

NEW ARRIVAL WATCH

1950's PATEK PHILIPPE Ref...

NEW ARRIVAL WATCH

1950's パテック・フィリップ Ref.448...

NEW ARRIVAL WATCH

1954 PATEKPHILIPPE Ref.25...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's パテック・フィリップ Ref.344...