ichigo_ichie

シェルマン銀座店 スタッフブログ

1990’s オーデマ・ピゲ “フィロソフィ” 18KYG/WG Cal.2003

 

1990年代のオーデマ・ピゲ “フィロソフィ”が入荷致しました。

 

 

今日はオーデマの珍しいワンハンドのドレスウォッチ、”フィロソフィ”のご紹介。

 

リーフハンドにバーインデックスの文字盤は、オーデマのロゴすら排した極めてシンプルなデザイン。12時側のラグの懐中時計の菅の様な装飾と、ベゼルのカボションがワンポイントになっていて、端正なイメージの強いオーデマにしてはかなり愛嬌のある雰囲気。

 

ケースは18Kイエローゴールドをベースとし、ケースサイドにのみ18Kホワイトゴールドを用いたコンビ使用。リューズはケースの内側に隠れるデザインで、通常のラウンドウォッチと比較してもかなり”円”を強調したようなデザインです。

 

 

ケースバックにはちゃんとオーデマ・ピゲの刻印が入ります。

 

 

さてこのフィロソフィ、一番の特徴がこちらの時差修正機能。

一見先程の写真から2時間程度時間が進んだだけの様に見えますが、良く見て頂くとカボションの位置が変わっています。実はこの時計ケース全体が回転する構造になっておりまして、渡航先の現地時間に合わせてケースを回転させることで時差修正が出来ます。

 

正直「ワンハンドの時計で必要か?」、「リューズ引いて時間合わせれば良くないか?」と聞かれれば絶対に必要な機能だとは言いにくいのですが、個人的にはこのちょっと酔狂な感じが嫌いではありません。むしろ好きですらあります。これこそ大人の余裕を感じさせてくれる一本ではないでしょうか。

 

 

バックルはオーデマ純正の18KYG製の尾錠が付属。革ベルトもオーデマ純正です。

 

 

ムーブメントは薄型のオーデマ・ピゲではお馴染みのジャガー・ルクルト製の手巻きCal.2003を搭載。非常に美しい状態をキープしています。

 

 

ケースサイズは約31mm。特殊なデザインながらも腕に乗せた時の雰囲気は中々の正統派。厚みも約4mmとかなり薄く、この薄型ドレスの造りの上手さはヴィンテージオーデマの真骨頂と言えます。

 

 

ケースサイドに用いたホワイトゴールドが美しいケースラインを強調しています。

 

 

普段我々がイメージするオーデマとは異なる雰囲気のワンハンド “フィロソフィ”。1982年に誕生したこのモデルは、18世紀頃まで普及していた短針時計を参考にしたと言われていて、当時のクォーツ時計全盛期において “時の経過” に対する考え方に一石を投じる想いで造られたそうです。

 

せわしない日々、喧噪から離れてゆっくりと旅でもしながらフィロソフィを眺める、ちょっと憧れてしまいますね。この時計に時差修正機能を付けた理由が少し解った気がします。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

銀座店 中野

商品の情報

  • 商品番号:C1809

    1990's オーデマ・ピゲ "フィロソフィ" 18KYG/WG Cal.2003

    ¥880000(税込)

商品のお問い合わせ・ご購入希望

お気軽にお問い合わせください。

RELATED POST 関連記事

NEW ARRIVAL WATCH

1940's オーデマピゲ スクエア PT Cal...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's オーデマ・ピゲ Ref.5281 1...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's オーデマ・ピゲ 18KWG Cal....

NEW ARRIVAL WATCH

1970’s オーデマ・ピゲ ブルーダイヤル 18...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's オーデマ・ピゲ 18KWG Cal....

NEW ARRIVAL WATCH

1920's オーデマピゲ スクエアケース・ブレゲ...