ichigo_ichie

シェルマン銀座店 スタッフブログ

1960’s オーデマ・ピゲ スクエア 18KYG Cal.2001

 

1960年代のオーデマ・ピゲが入荷致しました。

 

 

小振りで可愛いヴィンテージのオーデマのご紹介。ワントーンのスクエアウォッチです。

 

文字盤デザインはバーハンド・バーインデックスの60年代以降のドレスウォッチ定番スタイルながら、ケース・文字盤共に施されたストライプの彫り込みが小振りながらも確かな存在感を生み出しています。

 

ワントーンの時計はちゃんと造られていないとかなりノッペリとした印象になってしまうと思うのですが、ストライプの彫り込みや針・インデックス等の立体的な造形のお陰でしっかりとメリハリを感じられますよね。ケースサイズは約25mm×約25mmでラグ幅は約17mm。かなり小振りなサイズなのですが、故にこれらのディテールが引き立っている様に感じます。文字盤の凝縮感も良い感じです。

 

 

久方ぶりにがっつりとオーデマの針を撮りました。このハカマの立体感、圧巻でしょう。これもケースが小振りなので尚更引き立つんですよ。

 

 

針だけでもずっと眺めていられます。60年代のバーハンドならオーデマに敵うブランドは然う然うありません。

 

 

ムーブメントはジャガールクルト製のCal.2001を搭載。これもまた良い機械です。特に巻き味が良いです。子気味良いカチカチ感が気持ち良いんですよ。これは時計好きが好きな巻き味だと思います。

 

 

結構人を選ぶスモールサイズだと思いますが私、かなり気に入りましたよ。前述したケースと文字盤のストライプの彫り込みのお陰でディテール感、存在感は十分ありますし、

 

 

エッジの立った、そして敢えてサイドを絞らない造形のケースサイドが小振りでもしっかりと迫力が出ています。この金属の塊感が良いんですよ。

 

 

以前はゴールドカラーの時計は大抵ネイビーかグリーンのスーツ、もしくはブラウンのジャケットに合わせていましたが、最近はモノトーンのコーディネートに合わせるのが個人的には気分です。時計がイエローゴールドワントーンなので特に良く映える気がします。

ベルトも狙ってブラックのリザードを合わせてみました。等間隔のストライプ彫りのケースと、規則性のあるリザードの斑がマッチするかと思いまして。重厚感が出て中々良い感じに思えます。

 

男性は勿論ですが、サイズ的に女性もお使い頂きやすいと思います。シェアウォッチとしてもお勧めです。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

銀座店 中野

 

シェルマン移転セールにつき2月18日(日)~ 3月17日(日)の期間中はアンティークウォッチ全品表示価格より5%オフ!一度でも弊社で時計を買って下さったお客様は6%オフ!

商品の情報

商品のお問い合わせ・ご購入希望

お気軽にお問い合わせください。

RELATED POST 関連記事

NEW ARRIVAL WATCH

1920's オーデマピゲ スクエアケース・ブレゲ...

NEW ARRIVAL WATCH

1970’s オーデマ・ピゲ スケルトン 18KW...

NEW ARRIVAL WATCH

1980's オーデマ・ピゲ 18KWG Cal....

NEW ARRIVAL WATCH

1950's オーデマ・ピゲ ディスコ・ボランテ ...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's オーデマ・ピゲ 18KWG Cal....

NEW ARRIVAL WATCH

1960's オーデマ・ピゲ 18KYG Cal....