ichigo_ichie

シェルマン銀座店 スタッフブログ

2010’s パテック・フィリップ Ref.3738/100 ゴールデン・エリプス 18KWG Cal.240

 

2010年代のパテック・フィリップ Ref.3738 ゴールデン・エリプスが入荷致しました。

 

 

パテック・フィリップのゴールデン・エリプスが入荷致しました。

前回かなりのご好評を頂きました手巻きのRef.3548とは異なり、今回は自動巻きのRef.3738/100です。

Ref.3738自体は70年代後半からの製造されており、こちらは80年代にマイナーチェンジしたモデルです。

シリーズを通して2018年までの約40年間製造されていて、これはRef.96に匹敵する大ベストセラー。

ケース製造のテクノロジーが進歩したことで、ゴールデン・エリプス最大の特徴ともいえるケースの美しさを保ちながらも、

3ピースからより気密性の高い2ピースケースへと進化し更に日常使いし易くなったことも要因の一つといえるでしょう。

防水性の進化のお陰でしょうか、文字盤に汚れ等は見受けられず、美しい状態を保っています。

 

 

ゴールデン・エリプスの特にここを見てくれ!って思っているのが針。

この時代の有名ブランドのドレスウォッチの中でもかなりの立体感と造形の美しさを誇ります。

ハカマを見て頂くと分かりますが、針と針の間隔等もしっかりと詰められていて、ドレスウォッチとして文句なしの出来栄え。

 

 

ムーブメントはマイクロローター式の自動巻きムーブCal.240を搭載。

当時の自動巻きとしてはかなりの薄型である上に、仕上げも美しい非常に満足度の高いムーブメント。

マイクロローターの銘ムーブと言えばこの機械を挙げる人も多い事でしょう。

アーカイブは只今申請中ですが、おおよそ2010年代前半の製造と思われます。

 

 

ホワイトゴールドにサンレイ仕上げのグレーダイヤルが実に渋い組み合わせ。特に日光の下で見て頂くと更にその美しさは引き立ちます。

 

 

バックルはゴールデン・エリプス用の18Kホワイトゴールドの純正尾錠が付属。

ケースサイズは約35.5mm×31mm。手巻きの3548よりも一回り大きめのサイズですが、個人的には腕乗りは変わらず良い塩梅。

むしろ金のずっしりとした重みが増して、所有欲もより満たされそうです(笑)

ゴールデン・エリプスと言えば青文字盤のイメージが強いですが、落ち着いたグレーの文字盤も腕元でかなり映えますね。

ネイビーやグレー系のジャケット、スーツにはバッチリではないでしょうか。

 

当店にお越しの際は是非お手に取ってお楽しみください。

 

お問い合わせはこちらまで。

※商品番号C1742 ¥2,310,000-(税込)

By T.N

商品のお問い合わせ・ご購入希望

お気軽にお問い合わせください。

RELATED POST 関連記事

NEW ARRIVAL WATCH

1950's PATEK PHILIPPE Ref...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's パテック・フィリップ Ref.351...

NEW ARRIVAL WATCH

1930's PATEK PHILIPPE Ref...

NEW ARRIVAL WATCH

1960's PATEK PHILIPPE Ref...

NEW ARRIVAL WATCH

1950's パテック・フィリップ Ref.159...

NEW ARRIVAL WATCH

1950's PATEK PHILIPPE Ref...